関のボロ市の2017年の日程は?露店の営業時間は?

関のボロ市の2017年の日程を紹介しています。

まず、関のボロ市の始まりと特徴を紹介し、次に、関のボロ市の営業時間を紹介しています。

最後に、関のボロ市周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

関のボロ市は、江戸時代の中頃に、本立寺の行事の日に農民に農機具などを販売していたことが始まりだと言われているそうです。

スポンサーリンク

関のボロ市の2017年の日程は?

日程:12月9と10日

アクセス

会場:武蔵関駅北口、本立寺境内

●電車

西武新宿線 武蔵関駅北口下車徒歩3分

●周辺の有料駐車場の地図

関のボロ市の始まりは?

関のボロ市は、1751年の江戸時代の中頃に本立寺で行われる「お会式」の日に、始まったとされていて、当時この辺りは、農業が盛んだったため、農民たちが使う農機具などが売られていたそうですが、後に古着やボロきれなども売られるようになったことから、関のボロ市と呼ばれるようになったそうです。

関のボロ市の特徴は?

関のボロ市は、練馬区指定無形民俗文化財に登録されている文化的にも価値の高い行事で、ボロ市の当日には、武蔵関駅北口に衣料品や骨董品を扱うお店や練馬の特産品を扱う露店が約300軒出店され、冬の練馬の恒例行事として、約8万人の人々が毎年訪れて、大変な賑わいを見せるそうです。

関のボロ市の営業時間は?

関のボロ市は、武蔵関駅北口で9日は、10時~22時、10日は、10時~21時頃まで営業され、9日の19時~21時には、「練供養」と言われる「万灯行列」が行われ、ハッピを着た人々が鐘や太鼓を鳴らしながら、花飾りが付けられた万灯とともに、武蔵関駅北口から本立寺までを練り歩くそうです。

万灯とは、仏前に灯す灯りのことで、四角形の木の枠に紙を貼り長い柄が付けられている。

関のボロ市周辺のおすすめランチ

  • にはち
  • 洋食 三浦亭
  • 味よし

にはち

にはちは、武蔵関駅近くに位置する美味しいお蕎麦屋さんで、茨城県産のそば粉で作られた蕎麦は、甘味と香りが強く無添加の特製つゆとの相性も抜群だそうです。

住所:東京都 練馬区 石神井台 7-9-6

洋食 三浦亭

洋食 三浦亭は、西武武蔵関駅から徒歩5分の所に位置する美味しいビーフシチューが食べられるお店で、人気メニューは特製デミグラスソースがかけられたハンバーグやビーフシチューだそうです。

住所:東京都 練馬区 関町北 2-33-8

味よし

味よしは、武蔵関駅の近くに位置する美味しい揚げ物が食べられる定食屋さんで、人気メニューは、リーズナブルな価格ながらボリューム満点の日替わり定食だそうです。

住所:東京都 練馬区 関町北 2-29-16

関のボロ市周辺のおすすめホテル

  • 吉祥寺第一ホテル
  • リッチモンドホテル東京武蔵野
  • 吉祥寺東急REIホテル

吉祥寺第一ホテル

吉祥寺第一ホテルは、吹き抜けから太陽の光が差し込んで開放感があり、公園のような中庭がある人気のホテルだそうです。

料金:4,850円~34,000円(税込み)

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14

リッチモンドホテル東京武蔵野

リッチモンドホテル東京武蔵野は、都内各所へのアクセスも便利でありながら、武蔵野市の自然も満喫できるホテルだそうです。

料金:3,000円~22,400円(税込み)

住所:東京都武蔵野市中町2-4-1

吉祥寺東急REIホテル

吉祥寺東急REIホテルは、吉祥寺駅前に位置し、渋谷や新宿までのアクセスも便利で、全館禁煙となっているホテルだそうです。

料金:3,240円~28,930円(税込み)

住所:京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-3

まとめ

関のボロ市の2017年の日程は、毎年12月9と10日の2日間に行われているようですね。

また、ボロ市という呼び名以外にも「本立寺の市」や「暮の市」とも呼ばれていたそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ