さっぽろ雪つまり2018の日程は?3会場の特徴と周辺の人気ランチは?

さっぽろ雪まつり2018の日程を紹介しています。

大通会場、つどーむ会場、すすきの会場のそれぞれの特徴を紹介しています。

また、会場周辺のおすすめのランチを紹介しています。会場ごとに違ったコンセプトがあるようなので、じっくりと様々な面で雪まつりを楽しめるようですね。

スポンサーリンク

さっぽろ雪つまり2018の日程は

●日程

  • 大通会場、すすきの会場:2月6日~12日
  • つどーむ会場:2月1日~12日

大通会場の特徴と見どころは?

大通公園の会場は、札幌の都心部を東西に通り抜ける、約1.5キロに及ぶ会場だそうです。そして、会場においては、大雪像から市民雪像、それに国際色豊かな雪像といったものなどバラエティ豊富な雪像や催し物が目白押しだそうです。

●場所: 大通公園 西1丁目~西12丁目

●開催時間:いつでも鑑賞可能。

●ライトアップ:22:00まで。

つどーむ会場の特徴と見どころは?

つどーむ会場は、第2会場として今では十分に認識されているようです。そして、すべり台やスノーラフトなど、小さい子から大人に至るまで北海道の実際の自然の中において雪と遊ぶことができるということが、つどーむ会場の方針だそうです。

また、つどーむ会場の屋内空間には、大型の休憩所や飲食ブース、ちびっ子達が楽しむことができるファミリー広場などというレクリエーションが数多くあり、家族連れに人気がある会場となっているようです。

●場所: 札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ) 東札幌市区栄町885番地1

●開催時間: 9:00~17:00

●駐車場

駐車場は無し。
※会場へは、公共交通機関やシャトルバスを利用しましょう。

スポンサーリンク

すすきの会場の特徴と見どころは?

すすきの会場については、「氷を見る」から「氷を楽しむ」をポリシーとして、大・中の氷彫刻や氷彫刻コンクール作品等の幻想的な氷像を展示しているそうです。

さらには、氷像に触れられる、乗れるなどといったふれあい広場や写真撮影スポットとしてのイルミネーションストリート 以外にもアイスバーの設置を行って暖かい飲み物などが用意されているそうです。

●場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道

●開催時間:いつでも鑑賞可能。

●ライトアップ:23:00まで。(最終日は22:00まで。)

会場周辺のおすすめのランチは?

  • スープカレー ガラク
  • 玉林酒家
  • 麺屋 彩未

スープカレー ガラク

札幌において間違いなく一番美味いと人気を博しているスープカレーの店「ガラク」。ランチ時にはライス大盛りがサービスされることも好評で、行列ができるほどの人気店だそうです。

住所:北海道札幌市中央区南三条西2-7

玉林酒家

地下鉄東豊線栄町駅から徒歩4分の場所にある人気のある中華料理店。「辛湯(ラータン)」という唐辛子で真っ赤な激辛白菜煮込みを購入すれば、お家にいながらラータンチャーハンを作って本格的な味わいを楽しむことができるそうです。

住所:北海道札幌市東区北四十三条東16-1-10

麺屋 彩未

札幌ラーメンでは鉄板のお店「麺屋 彩未」。味噌ラーメンのパッと見濃厚と思われるスープは思いのほか細やかで、スパイスのうま味が効いたキレの良い味が特徴。麺は札幌であればスタンダードの「中太ちぢれ玉子麺だそうです。

住所: 北海道札幌市豊平区美園十条5-3-3

まとめ

さっぽろ雪つまり2018の開催期間は、大通会場とすすきの会場が2月6日~12日で、 つどーむ会場は、2月1日~12日の予定だそうです。

そして、様々な雪像を鑑賞した後は、会場周辺の美味しいグルメを楽しんで体を温めるのも良いですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ