三社祭の2018年の日程は?主な行事のスケジュールは?

三社祭の2018年の日程を紹介しています。

また、交通規制の場所と時間についても紹介し、主な行事のスケジュールを紹介しています。

まず、1日目に有名な大名行列が行われ、2日目に氏子各町神輿連合渡御、3日目に本社神輿各町渡御が行われるそうです。

他にも、無形文化財「びんざさら舞」の奉納などが行われるそうです。

スポンサーリンク

三社祭の2018年の日程は?

日程:5月18日~20日(※予想)

アクセス

所在地:東京都台東区浅草2-3-1

●電車

地下鉄/東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩7分
地下鉄/都営地下鉄浅草線浅草駅から徒歩7分
東武線浅草駅から徒歩7分
つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分

●交通規制

雷門通り・並木通り
9:30~19:00

馬道通り・二天門前通り
11:00~19:00

●駐車場

境内内

●周辺の有料駐車場の地図

・パークイン浅草駐車場

住所:東京都台東区浅草2丁目33-7

・リパーク浅草2丁目第4

住所:東京都台東区浅草2丁目35-13

・浅草柳通り駐車場

住所:東京都台東区浅草3丁目22-6

スポンサーリンク

三社祭とは?

三社祭は、毎年5月の第3週の金・土・日曜日に行われる東京の浅草神社の例大祭だそうです。

三社祭りの主な行事のスケジュール

  • 1日目:名物大行列
  • 2日目:氏子各町神輿連合渡御
  • 3日目:本社神輿各町渡御

名物大行列(※1日目)

午後1時に名物大行列がスタート。

大名行列は、一日目の金曜日に行われる大行列のことで、お囃子屋台・鳶頭木遣り・びんざさら舞・白鷺の舞などが行列浅草の街を歩く。

午後2時20分に無形文化財「びんざさら舞」の奉納が浅草神社で行われる。

びんざさら舞奉納は、三社祭で催される 五穀豊穣を祈願して行われる舞のことで田楽の一種。

田楽とは田植行事を芸能化されたもので平安時代に始まり、鎌倉から室町時代にわたって 大流行した。

午後3時30分各町神輿神霊入れの儀
各町会の神輿へ御神霊(おみたま)をお移しする儀式

氏子各町神輿連合渡御(※2日目)

午前10時、例大祭式典

正午、町内神輿連合渡御
浅草氏子44ヶ町の町内神輿約100基の渡御。
浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、一基ずつ出発して、浅草神社でお祓いを受けた上で、各町会へ出かける。

午後4時
奉納舞踊

午後5時
巫女舞奉奏

本社神輿各町渡御(※3日目)

本社神輿各町渡御
本社神輿3基が各町会へ出かける。

午後2時:巫女舞奉奏
午後3時:奉納舞踊
午後4時:太鼓奉演

午前11時~午後6時
雷門通りから馬道通りにてお祭り広場が開催される。
※交通規制有り

宮入り後:本社神輿御霊返しの儀
本社神輿へお移り頂いた御神霊を本殿へお戻しする儀式が行われる。

まとめ

三社祭の2018年の日程は、5月18日~20日の3日間にわたって行われるようですね。

そして、見どころは何と言っても、1日目に行われる大名行列ですね。各日にちのスケジュールを確認して行事を見に行きましょう。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ