おはら祭りの2017年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

おはら祭りの2017年の日程を紹介しています。

まず、おはら祭りの始まりと特徴を紹介し、次に、おはら祭りのおはら節の起源を紹介しています。

最後に、おはら祭り周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

おはら祭りは、鹿児島市内の戦後の復興のために、1949年の鹿児島市制60周年を記念して行われたお祭りが始まりだそうです。

スポンサーリンク

おはら祭りの2017年の日程は?

写真提供:鹿児島市

日程:11月2日と3日

アクセス

会場:鹿児島市東千石町、鹿児島市天文館電車通り

●電車

九州旅客鉄道鹿児島中央駅

●車

九州自動車道鹿児島北IC、10分

●周辺の有料駐車場の地図

おはら祭りの始まりは?

おはら祭りは、戦前から鹿児島市内の各地で行われていた盆踊りが、戦時中の空襲で多数のお寺や神社が焼失してしまい、しばらく開催を中止していたそうです。

しかし、戦後から4年経過した、1949年鹿児島市制60周年を記念するお祭りとして、米軍の空襲で焼け野原となった鹿児島市内の町を復興する意味が込められて、祭りが再開されるようになったそうです。

おはら祭りの特徴は?

おはら祭りは、鹿児島の代表的な民謡の「おはら節」、「鹿児島ハンヤ節」、「渋谷音頭」に合わせて2万人以上の踊りてが参加して行われる「総踊り」がメインとして行われるそうです。

他にも、現代的なダンスが披露される「オハラ21」、「パレード・マーチング」、「伝統芸能」など様々イベントが開催されるそうです。

おはら祭りのおはら節の起源は?

おはら祭りのおはら節は、霧島神宮で行われていた花見会の初日の参拝の際に歌われていたという説や、日本各地の港で歌われていたものが鹿児島に広まったという説があるそうです。

そして最も有力視されているのが、当時の琉球侵攻の際に、従軍していた現在の宮崎県都城市安久町の兵士が味方士気を高めるために歌ったものが、その後、現在の鹿児島市原良の民衆により歌い継がれて、その後、「原良」の頭に「小」が付けられて「小原良節」となり、鹿児島県全体に浸透していったという説だそうです。

スポンサーリンク

おはら祭り周辺のおすすめランチ

  • ラーメン小金太
  • とんかつ川久
  • のり一

ラーメン小金太

ラーメン小金太は、鹿児島市内にある、キャベツの千切りが入ったあっさりした豚骨ラーメンが食べられるラーメン店で、朝方まで営業していて、お酒を飲んだ後に食べると最高だそうです。

住所:鹿児島県 鹿児島市 樋之口町 11-5 北村ビル 1階

とんかつ川久

とんかつ川久は、人気の3種類のソースで飽きること無くトンカツが食べられるトンカツ専門店で、人気メニューの鹿児島特産の黒豚を使った「ロースカツ定食」は、ボリューム満点だそうです。

住所: 鹿児島県鹿児島市中央町21-13

のり一

のり一は、鹿児島市内の天文館にある、県外からもファンが多いことで知られる人気のラーメン店で、鶏ガラベースのあっさりラーメン店が絶品だそうです。

住所:鹿児島県鹿児島市山之口町9-3 神川ビル 1F

おはら祭り周辺のおすすめホテル

  • ホテルユニオン
  • アパホテル・鹿児島中央駅前
  • 東横イン鹿児島中央駅西口

ホテルユニオン

ホテルユニオンは、JR鹿児島中央駅西口から歩いて3分の所に位置し、市内の繁華街にも近く、観光やビジネスに最適なホテルだそうです。

料金:2,450円~15,800円(税込み)

住所:児島県鹿児島市西田2-12-34

アパホテル・鹿児島中央駅前

アパホテル・鹿児島中央駅前は、JR鹿児島中央駅から歩いて1分の所に位置し、インターネットも全室Wi-Fi接続可能で、観光やビジネスに便利なホテルだそうです。

料金:2,000円~39,000円(税込み)

住所:鹿児島県鹿児島市西田2-21-22

東横イン鹿児島中央駅西口

東横イン鹿児島中央駅西口は、JR鹿児島中央駅西口から歩いて1分の所に位置し、市内観光やビジネスに利用するには最適なホテルだそうです。

料金:2,646円~11,624円(税込み)

住所:鹿児島県鹿児島市西田2-28-10

まとめ

おはら祭りの2017年の日程は、毎年11月2と3日の2日間に行われるようですね。

また、小原節が全国に知られるようになったきっかけは、昭和初期に歌手で芸者だった新橋喜代三がレコード化し、ヒットしたことだそうです。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ