年賀状の書き方の上司へのマナー6つを紹介!例文もあり

年賀状の書き方、上司へのマナー6つを紹介しています。年賀状は元旦に届くようにする、宛名の書き方、敬語や謙譲語の使い方に気をつける、家族の写真入り年賀状は送らない、一言は手書きで付け加える、「賀正」「迎春」は使わない、の6つのマナーに気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

年賀状の上司への書き方

nenga2

  • 年賀状は元旦に届くようにする
  • 宛名の書き方
  • 敬語や謙譲語の使い方に気をつける
  • 家族の写真入り年賀状は送らない
  • 一言は手書きで付け加える
  • 「賀正」「迎春」は使わない

元旦に届くようにする

年賀状は1月1日の朝、元旦に届かなければいけません。早めに準備しておいて、12月15日~25日までに投稿しましょう。そうすれば元旦の朝に到着します。

宛名の書き方

上司など目上の人に年賀状を出す場合は、住所は都道府県からちゃんと書くようにします。会社宛に送るなら役職も入れ、自宅宛に送るなら「様」で十分です。

敬語や謙譲語の使い方に気をつける

敬語」や「謙譲語」に間違いのないように、できれば他の人に確認してもらうといいです。

敬語

敬語は相手はを立てるときに使わる言葉で、相手を敬い、尊重している気持ちを表すときに使う。

【例】「行く」→「いらっしゃる」

謙譲語

謙譲語は敬語の一種で、尊敬している人物に対して、自分をへりくだって表現するときに使う。

【例】「行く」→「参る、伺う」

家族の写真入り年賀状は送らない

上司には、子供や家族の写真入年賀状を送るのは避けましょう。ビジネス上でしか付き合いのない相手の場合は、このことに気をつけてして別の年賀状を用意しましょう。

ただし、家族付き合いの上の上司や出産祝いを頂いた上司の場合などは、子供や家族の写真入り年賀状を出しても構いません。

スポンサーリンク

一言は手書きで付け加える

年賀状はプリントで作成しても、一言は手書きで付け加えるのが常識です。もちろん手書きで全部書くのも喜ばれます。

【一言例文】

「本年もご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い致します。」

「昨年の経験を生かし今年も精進する所存でおります。」

「年頭にあたり 本年も変わらぬご指導をお願いいたします。」

「本年もご期待に添えるよう精進いたす所存です。」

「賀正」「迎春」は使わない

nenga8

プリント年賀状で初めから印刷されたハガキがありますが、「賀正」「迎春」などは略語に当たるので適しません。後、「謹んで」という言葉は入れるようにしましょう。

【例文】

「謹賀新年」

「恭賀新年」

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」

「謹んで新春の寿ぎを申し上げます」

まとめ

年賀状の書き方で上司に出す場合のマナーや注意点を紹介しました。言葉の間違った使い方や、使わない方がいい年賀状の文字には気をつけたいですね。紹介した例文などを参考に、ちゃんとした年賀状を上司に送り出来る部下をアピールしたいですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ