那覇ハーリーの2018年の日程は?期間中の各イベントの内容は?

那覇ハーリーの2018年の日程を紹介しています。

まず、那覇ハーリーの特徴を紹介し、那覇ハーリーの始まりについて説明しています。

最後に、那覇ハーリーの期間中に開催される各イベントの内容を紹介しています。

那覇市内の中学生による学校対抗戦、ハーリー一般体験乗船、職域対抗戦、御願バーリーと本バーリーが主なイベントになります。

スポンサーリンク

那覇ハーリーの2018年の日程は?

日程:5月3日~5日

アクセス

会場:那覇新港ふ頭

時間:10時~21時

●バス

那覇バスターミナルから乗車、泊高橋で下車、徒歩約10分

●車

那覇空港、約15分
沖縄自動車道 那覇IC、約15分

那覇ハーリーの特徴は?

那覇ハーリーは、昔の中国から伝わったされていて爬竜船(はりゅうせん)と呼ばれる船で、ゴールデンウィーク中の5月3~5日に海上で競漕を行うイベントだそうです。

また、ハーリーのイベントは、沖縄の各地で行われるそうですが、那覇ハーリーはその中でも最大級で、一般競漕の決勝は、沖縄テレビで生中継されるほどだそです。

競漕(きょうそう)とは、一定の距離を船やボートを漕いて速さを競い合うこと。

那覇ハーリーの始まりは?

那覇ハーリーの爬竜船と呼ばれているハーリーは、中国から約600年位前に伝わったとされていて、船を競い合わせることで、漁で生活を営んでいる、琉球国の民の安全と豊漁を祈願するために始まっとされているそうです。

また、この3日間の期間中は、花火が打ち上げられて、陸上でも様々なイベントが開催されるそうです。

スポンサーリンク

那覇ハーリーの期間中に開催されるイベント

  • 5月3日:那覇市内の中学生による学校対抗戦
  • 5月4日:ハーリー一般体験乗船
  • 5月5日:職域対抗戦、御願バーリーと本バーリー

この他にも、お笑いライブ、音楽ライブ、相撲大会、花火大会など様々なイベントが会場で開催され、出店もたくさん立ち並ぶそうです。

那覇市内の中学生による学校対抗戦

1日目の5月3日には、那覇市内の中学生による学校対抗戦が、3隻の爬龍船を使用し、往復400mの距離を競うタイムレースとして開催されるそうです。

また、タイムの良かった上位3チームが決勝に進み、会場の岸壁には、生徒や、家族などの他にも多くの観衆が集まり、大変な盛り上がりを見せるそうです。

ハーリー一般体験乗船

2日目の5月4日には、ハーリー一般体験乗船が行われ、会場に来られた方は、無料で直接ハーリーに乗船できるそうです。

このハーリー一般体験乗船は、かなりの人気があるために、体験乗船を希望される方は、早めに会場入りした方が良いそうです。

職域対抗戦、御願バーリーと本バーリー

最終日の3日目の5月5日には、企業や青年会のグループによって作られたチームや女性だけのチーム、軍所属のアメリカ人チームなど、様々な職業のチームが参加し、対抗戦が行わるそうです。

そして、最後には、那覇ハーリーの最大の見せ場の、古来のハーリーの衣装を身にまといハーリーウタを歌いながら、港内を一周する「御願バーリー」が行われ、港内を往復して競い合う「本バーリー」で、その年の優勝チームが決まるそうです。

まとめ

那覇ハーリーの2018年の日程は、毎年ゴールデンウィーク中の5月3日~5日の3日間わたり開催されるようですね。

この季節は、日中の日差しが強く、逆に夜には海風が冷たいようなので、会場には暑さと寒さの両方の対策をして行ったほうが良いそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ