長崎の精霊流しの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

長崎の精霊流しの2018年の日程を紹介しています。

まず、長崎の精霊流しと精霊船の特徴を紹介し、次に、印灯篭のデザインについて紹介しています。

最後に、長崎の精霊流し周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

長崎の精霊流しは、初盆を迎えた家族が精霊船に故人の霊を乗せて追悼する行事だそうです。

スポンサーリンク

長崎の精霊流しの2018年の日程は?

日程:8月15日

時間:17時~22時

アクセス

会場:長崎県長崎市市内中心部一帯
(思案橋~県庁坂~大波止)

●周辺の有料駐車場の地図

長崎の精霊流しとは?

長崎の精霊流しは、初盆を迎えた家族が「精霊船」と呼ばれている造花や盆提灯で飾られた船に故人の霊を乗せて終着点の「流し場」まで運ぶことを言うそうです。

精霊流しは、8月15日の午後5時から10時頃まで行われるそうですが、爆竹や鉦の音、掛け声などが飛び交いまるでお祭りのようですが、あくまでも亡くなった人を追悼する行事だそうです。

精霊船の特徴は?

精霊船には「個人船」と自治会などの地元の組織で合同で出される「もやい船」と呼ばれる2つが存在し、昭和30年代より前は、個人で船を造れるのは、裕福な家庭だけだったため「もやい船」が中心だったそうです。

そして、当日の8月15日に夕方に、家の家紋入りの提灯を持った喪主が行列の先頭になり「印灯篭」を持った若者が続いて、白色のお揃いの法被を着た人たちによって精霊船が曳かれるそうです。

印灯篭のデザインは様々

印灯篭はのデザインは、船ごとに違いがあり、個人船の場合は、故人が生前に好きだった趣味などが描かれ、もやい船の場合には、その町のそれぞれのシンボルが描かれているそうです。

また、船の大きさも全長1~2mの小型の物から、最大で20~50mの大型の船もあるそうです。そして、近年では「変わり精霊船」と呼ばれる故人の好きだった車やヨットなどを形どった、もはや精霊船の形状をなしていない物も数多く見られるようになったそうです。

スポンサーリンク

長崎の精霊流し周辺のおすすめランチ

  • 江山楼 中華街本店
  • 吉宗 本店
  • 四海楼

江山楼 中華街本店

江山楼 中華街本店は、コクのあるスープが人気のチャンポンや皿うどん、チャーハンなどが味わえる長崎市で有名な中華のお店だそうです。

住所:長崎県長崎市新地町12-2

吉宗 本店

吉宗 本店は、長崎では知らない人がいないほど有名な老舗の茶碗蒸し店で、人気メニューのボリューム満点のジャンボ茶碗むしが絶品だそうです。

住所:長崎県長崎市浜町8-9

四海楼

四海楼は、長崎チャンポン発祥の店で、人気メニューは具だくさんのチャンポンの上に錦糸卵が乗せられた餃子、ライスセットがお得だそうです。

住所: 長崎県長崎市松が枝町4-5 4-5

長崎の精霊流し周辺のおすすめホテル

  • 島原ステーションホテル
  • ビジネスホテル千鳥
  • 島原東洋パークサイドホテル

島原ステーションホテル

島原ステーションホテルは、島原駅から歩いて8分の所に位置し、観光やビジネスに便利で、客室から島原城が見られるそうです。

料金:3,500円~9,000円(税込み)

住所:長崎県島原市今川町930

ビジネスホテル千鳥

ビジネスホテル千鳥は、長崎市の中心街に位置し、観光やビジネスに最適で、低価格の宿泊料金と種類豊富なディナーも楽しめるそうです。

料金:3,800円(税込み)

住所:長崎県島原市弁天町2-7393-4

島原東洋パークサイドホテル

島原東洋パークサイドホテルは、駅から歩いて5分の所に位置し、各観光地へのアクセスも便利で、港へも車で5分で行けるそうです。

料金:2,970円~5,400円(税込み)

住所:崎県島原市白土桃山1-1284-1

まとめ

長崎の精霊流しの2018年の日程は、毎年8月15日の17時~22時に行われているようですね。

また、見物ポイントは、長崎県庁前では「変わり精霊船」が多く見られ、長崎市役所周辺では、昔ながらの「もやい船」や巨大な精霊船が見られるそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ