こどもの日の由来で兜を飾る意味は?兜はお嫁さん側の親が買うの?

こどもの日の由来で兜を飾る意味について説明しています。まず、兜は子どもの厄除けのお守りとして飾るそうです。そして、兜は一人に一つと言う決まりがあるそうです。また、兜はお嫁さん側の親が買うのが一般的だそうです。しかし、現状は誰が兜を買ってあげても良いそうなので、両方の家族間でどちらが購入するのか事前に話し合いましょう。

スポンサーリンク

  • 兜は子どもの厄除けのお守りとして飾る
  • 兜は一人に一つと言う決まりがある
  • 兜はお嫁さん側の親が買うのが一般的

兜は子どもの厄除けのお守りとして飾る

kabuto

子どもの日には、鯉のぼりと鎧兜を飾る習慣がありますが、鯉のぼりは外飾りと言い、一方の鎧兜は内飾りと言うそうです。

また、鯉のぼりは江戸の将軍家に跡取りの男児が生まれたときに、城の外に幟を立てて立身出世を祝ったのが始まりだそうですが、これに対して、鎧兜は戦国時代に武将たちが自分の身を守るために着用していたため、子どもの代わりに厄を受ける「お守り」として飾られるようになったそうです。

兜は一人に一つと言う決まりがある

初節句の男の子の兜は、その子の身代わりとして身を守るということから、一人に一つずつと言う決まりがあるそうです。

しかし、最近の傾向は、古いアンティークものに対する価値観が上がっていることもあり、父親が使った良いものを息子が受け継いでまた飾るという考え方に変わって来ているそうです。

スポンサーリンク

兜はお嫁さん側の親が買うのが一般的

kabuto2

最近は、外飾りである鯉のぼりをこどもの日に掲げない家庭が増えてきましたが、その代わりに増えたのが内飾りである5月人形だそうです。

そして、兜をお嫁さん側の親が買うのが一般的になった理由は、元々、娘の嫁入り道具として持たせていたひな人形の慣習があったため、兜もいっしょにお嫁さん側が用意するというかたちになってしまったそうです。

人気の五月人形の兜はこちら
↓↓↓

現状は誰が兜を買ってあげても良い

兜はお嫁さん側の親が買うのが一般的と説明しましたが、現在の現状はどうかと言うと、経済的な問題や考え方、価値観が変わってきたので、兜を誰が買わなければいけないということはなく、お嫁さん側の親が買ったり、旦那さん側の親が買ったり、自分達で買ったりと色々なパターンがあるそうです。

しかし、この結果、子どもや孫のために祝ってやりたいという思いが両方の家族間で入り乱れてしまい、トラブルに発展してしまう場合もあるようです。

なので、このようなトラブルを防ぐには、あらかじめ、兜はお嫁さん側の親、ランドセルや机は旦那さんの親などと前もって決めておくと家族間のトラブルを防ぐことができるそうでうす。

まとめ

こどもの日に兜を飾る由来と意味は、戦国時代に武将たちが鎧を着て自分の身を守っていたため、それにあやかって、子どもたちの厄除けのお守りとして兜を飾るようになったようですね。

また、昔は初節句の兜はお嫁さん側の親が買うのが一般的だったようですが、最近ではそういう決まりはなく、誰が買ってあげても良いようですね。

しかし、子どもや孫への愛情が逆に家族間のトラブルに発展する場合もあるそうなので、やはり初めに、誰が何を買うかについて役割分担をお嫁さん側、旦那さん側の両方の家族で話し合ってきちんと決めておいた方がトラブルを防ぐには重要なようですね。

せっかくのお祝い事ですから、気持ち良く可愛い子どもや孫を祝ってやりたいですからね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ