こどもの日の2017年の兜はいつまでに飾るの?飾る方角と場所は?

こどもの日の2017年の兜はいつまでに飾るのか紹介し、飾る方角と場所についても説明しています。

兜を飾る時期は、春分の日を過ぎた頃から飾る家庭が多く、兜をしまう時期は、特に決まりはないようです。

しかし、兜は天気の良い晴れた日にしまった方が良いそうです。

スポンサーリンク

  • こどもの日の兜はいつまでに飾るの?
  • 兜を飾る方角と場所はどこが良いの?
  • 端午の節句が終わったら直ぐしまって良いの?

kabuto3

こどもの日の2017年の兜はいつまでに飾るの?

子ども日の兜を飾るタイミングは、3月20日の春分の日を過ぎた頃に飾る家庭が一番多いそうです。また、戦国武将と関連付けて先手必勝という意味で、地域によっては誰よりも早く飾ると良いとされているところもあるそうですね。

結論としては、4月初めから中旬までに飾れば長い間兜を飾れますので、おすすめだそうです。そして、初節句の場合は3月下旬から兜を飾る家庭もあるそうです。なので、3月の下旬になったら直ぐに兜を飾れるように準備をしておいた方が良いようですね。

スポンサーリンク

兜を飾る方角と場所はどこが良いの?

兜などの五月人形を飾る方角には特にこれといった決まりはないそうですが、やはり北に向けて飾る家庭はあまりないようですね。そして、兜を飾る場所は一般的に床の間に飾るようですが、マンションなど床の間のない場合は、日当たりの良いリビングに飾る家庭が多いそうです。

飾る方角には特に決まりはないようですね。しかし、北を向けるのは北枕と同じで縁起が良くないとされているので、避けた方が良いですね。飾る場所の最近の若い夫婦は特に都会の場合では、マンション住まいが多いので、リビングの日当たりの良い場所に飾ると良いですね。

★人気の兜はこちら
↓↓↓

端午の節句が終わったら直ぐしまって良いの?

kabuto4

端午の節句の兜や鯉のぼりは、遅くても5月の中旬頃までに片付けるのが一般的だそうです。しかし、縁起を担ぐという意味では、大安かとも引きの日に片付けるのがおすすめで、天気が良く湿度もあまりない乾燥した日に片付けると湿気が原因のカビの発生も防げるので、翌年以降もキレイな状態を保てるそうです。

兜をしまう時期は特に決まりはないようですね。ですが、来年以降もキレイな状態で直ぐ使えるように、天気が良く空気が乾燥している日に片付けると良いと憶えておきましょう。そして、縁起を担ぎたい人は、カレンダーをチェックして、大安や友引に兜を片付けると気持ち良くしまえますね。ちなみに管理人の出身の九州の南の方では、ものを片付ける時には、しまうではなく、なおすと言います^^。

まとめ

子どもの日の2017年の端午の節句の兜は、春分の日の3月20日を過ぎた頃を目安にして飾ると良いようですね。

また、兜をしまう時期については、昔は元服を迎える15歳~17歳になると子どもの成長を祝う年齢としてはふさわしくないと言われていたそうですが、現在では特にいつまで飾るという決まりはなく、一般的には中学生の頃まで飾る家庭が多いそうです。

しかし最近では、出したりしまったりするのが面倒なので飾らなくなった家庭も結構多いようですね。そういえば管理人の実家でも兜を飾った記憶があまりないよな気が・・・。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ