北野天満宮の梅花祭の2018年の日程は?周辺のおすすめランチは?

北野天満宮の梅花祭の2018年の日程を紹介しています。

また、菅原道真と梅花祭の関係についても紹介し、北野天満宮の梅の開花時期や梅苑の期間はいつからいつまで行われるのかや周辺のおすすめのランチも紹介しています。

菅原道真は梅の花をとても大事に思っていて、そのことが由来となって、命日に梅花祭が催されるようになったそうです。

スポンサーリンク

北野天満宮の梅花祭の2018年の日程は?

日程:2月25日

アクセス

所在地:京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町

●バス

京都駅から北野天満宮前下車すぐ

●車

名神高速道路南インター又は東インターより約30分

●駐車場

駐車は参拝時間内に限る。(参拝専用)
開場時間 9時~17時

●第2駐車場(40台)

菅原道真と梅花祭の関係は?

菅原道真は、梅の花をとても大切にし、大宰府左遷のときには、庭の梅に和歌を詠むほどだったそうです、

また、その梅が菅原道真を慕って一晩の内に大宰府に飛来したといった「飛梅伝説」ができたこともあって梅が神紋とされて、約2万坪の敷地には50種1500本の梅が植えられているそうです。

神紋とは神社で使用される固有の紋で、植物や公家、武家の家紋が用いられる。

また、こういった菅原道真と梅との繋がりから、命日である2月25日に行なわれる梅花祭では梅の花がお供えされるようになったそうです。

北野天満宮の梅の開花時期は?

早咲きの梅は毎年12月中旬頃よりつぼみがふくらみはじめて、新年明けから開花し、ゆっくりと咲き繋ぎ、3月の後半にかけてしばらく梅の花見を満喫できるそうです。

北野天満宮の梅苑の期間は?

梅苑の開苑期間は毎年2月初旬から3月下旬にかけて行われて、白梅、紅梅、一重、八重と、様々にに咲く梅の間を縫うかのように散策路が延びていて、お茶とスイーツを振る舞う茶屋も営まれるそうです。

また、2月25日になると梅花祭と梅花祭野点大茶湯も開催され、毎年かなりの梅見客であふれ返るそうです。

●公開時間:10時~16時まで

●入場料(茶菓子付き)
・大人 700円 (中学生以上)こども 350円
・30名以上1割引 (但し25日・土・日曜・祝日を除く)
・身体障害者割引 大人350円・こども175円

スポンサーリンク

北野天満宮周辺のおすすめランチ

北野天満宮周辺のおすすめのランチを3つ紹介しています。

  • 紫蔵(豚骨ラーメン)
  • キッチンパパ(洋食店)
  • 麺屋 裕(蟹塩そばが人気)

紫蔵

紫蔵は、うまい豚骨ラーメンを口にしたい時にぴったりのお店だそうです。ちょこっと塩気があって短いタイプの縮れ麺とも良く合ってちょうど良いそうです。分厚くてソフトなチャーシューも美味しいくて人気があるそうです。

住所:京都府京都市北区平野宮北町14番地

キッチンパパ

キッチンパパは、ハンバーグとご飯のおいしいお米屋さんが営んでいる洋食屋さんだそうです。ハンバーグ100g&カキフライで980円でライス、みそ汁、サラダ、漬物、飲み物付きで玄米ご飯もセレクトできて主食のご飯はおかわり無料といったコスパ最高のお店だそうです。

住所:京都府京都市上京区姥ケ西町591

麺屋 裕

麺屋 裕は、京都にあるテレビ番組でも案内された人気を博しているラーメン店だそうです。人気メニューは蟹の香ばしさと塩がコラボした、他にない蟹塩そばで、細めの麺と透明感が漂う塩スープの相性がダントツだそうです。

住所:京都府京都市上京区北伊勢殿構町682

まとめ

北野天満宮の梅花祭の2018年の日程は、毎年2月25日に催されるようですね。

またこの日は、梅花祭の由来にもなっている菅原道真の命日で、梅の花がお供えされるそうでうす。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ