一宮七夕まつりの2017年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

一宮七夕まつりの2017年の日程を紹介しています。

まず、一宮七夕まつりの始まりを紹介し、次に、一宮七夕まつりの特徴を紹介しています。

最後に、一宮七夕まつり周辺のおすすめのランチとホテルをそれぞれ紹介しています。

一宮七夕まつりは、日本三大七夕祭りの1つと言われていて、毎年約130万人もの人で賑わうそうです。

一宮七夕まつりの2017年の日程は?

日程:7月27日~30日

アクセス

会場:真清田神社周辺、本町アーケード
所在地:愛知県一宮市真清田1丁目2-1

●電車

・JR東海道本線尾張一宮駅
・名鉄名古屋本線名鉄一宮駅

●車

・名神高速道路
一宮インターチェンジ、15分

・東海北陸自動車道
一宮木曽川インターチェンジ、10分
一宮西インターチェンジ、10分

●無料シャトルバス

市営球場前~東一宮~市役所前の間(15分間隔)

●駐車場

有り:無料(約350台)

駐車場の場所はこちらの公式サイトでご確認ください。

●周辺の有料駐車場の地図

一宮七夕まつりの始まりは?

一宮七夕まつりは、1956年に始まり、愛知県一宮市民の夏の最大のイベントとして開催されているそうです。

そして、まつりの4日間の期間中に、合計約130万人もの人で賑わうそうです。

一宮七夕まつりの特徴は?

一宮七夕まつりは、日本三大七夕祭りの1つと言われ、仙台七夕、湘南ひらつか七夕まつりと並んで有名な七夕まつりだそうです。

また「おりもの感謝祭」とも呼ばれ、愛知県の北西部に位置する一宮市は昔は織物が盛んな町として有名だったそうです。

そして、まつりでは、歴史のある「吹流し飾り」や「小中学校創作七夕飾り」が飾られるそうです。

一宮七夕まつり周辺のおすすめのランチ

  • 一宮鶏白湯 鶏神
  • 尾張ラーメン 第一旭 本店
  • 油そば歌志軒 一宮駅前店

一宮鶏白湯 鶏神

一宮鶏白湯 鶏神の人気メニューは、うきうき玉子とじ鶏白湯ラーメンで、濃厚ですがそこまでしつこくなくて美味しいそうです。

住所:愛知県一宮市栄4-2-5

尾張ラーメン 第一旭 本店

尾張ラーメン 第一旭 本店は、創業60年の老舗で、食べごたえ、見ごたえも満足感のある尾張ラーメンのお店だそうです。

住所:愛知県一宮市栄1-2-20

油そば歌志軒 一宮駅前店

油そば歌志軒 一宮駅前店は、お酒を呑んだ帰りに立ち寄りたい定評のある油そばのお店だそうです。

一宮七夕まつり周辺のおすすめのホテル

  • 一宮パークホテル
  • アパホテル(尾張一宮駅前)
  • 一宮グリーンホテル

一宮パークホテル

一宮パークホテルは、一宮を一望可能な展望風呂があり、朝食は無料の食べ放題のバイキング形式になっていて7時から9時まで毎日行われているそうです。

料金:2,250円~8,400円(税込み)

住所:愛知県一宮市本町2-7-12

アパホテル(尾張一宮駅前)

アパホテルは、朝食に人気の焼き立てパンが40種類以上の多彩なメニューを取り揃えたバイキング形式で用意され「一宮モーニング加盟店」の1Fレストランで食べられるそうです。

料金:2,900~22,000円(税込み)

住所:愛知県一宮市栄3-3-10

一宮グリーンホテル

一宮グリーンホテルは、ゆとりがある落ち着いた雰囲気のお部屋と美味しい料理が好評で、一宮インターから車で8分と近く、大型車でも利用可能な無料駐車場を完備しているそうです。

料金:2,900~8,600円(税込み)

住所: 愛知県一宮市栄1-6-1

まとめ

一宮七夕まつりの2017年の日程は、7月27日~30日の4日間にわたって行われるようですね。

また、「おりもの感謝祭」とも言われ、一宮市民の夏の最大のイベントになっていて、多く市民や観光客で大変な賑わいを見せるようですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ