ハロウィンの由来のかぼちゃのランプの意味は何?霊を追い払うため?

ハロウィンの由来のかぼちゃのランプの意味について説明してます。まず、ハロウィンは日本のお盆のようなものだそうです。次に、かぼちゃのランプの意味は、魔除けの意味があるそうでうす。そして、良い霊を呼び悪い霊を追い払うためだそうです。最後に、ハロウィンで有名な、ジャック・オ・ランターンの由来についても説明してます。

ハロウィンは日本のお盆のようなもの

obon

ハロウィンとは日本でいうとお盆に近いそうです。お盆はご先祖様の魂をお迎えするものですが、ハロウィンとはどちらかというと勝手に向こうからやってくる感じのようですね。

スポンサーリンク

ケルト人の1年の終わりは12月31日ではなく、10月31日でその日は死者の魂が家にやってきたり、精霊や魔女がやってくると信じられていたそうです。

そのために、それらのものから身を守るために、存在がバレないようにこちらも同じ格好をして混ざれば違和感がなくなるので仮装をしていたそうです。

かぼちゃのランプの意味は?

kabotya

かぼちゃのランプは本来「カブのランタン」だったそうですが、アメリカにハロウィン文が伝わった時に、アメリカ人がカブに馴染みが薄かったために当事たくさん取れていたかぼちゃになったそうです。

ランタンを家の前に置いたり、手に持ったりする理由は、魔よけの意味が強いそうです。

良い霊を呼び悪い霊を追い払うため

obake

かぼちゃを刻んで、怖い顔や変な顔と作り悪い霊を怖がらせて追い払う為でもあるそうです。

また

生前に悪い事をした男が、死んでから天国か地獄かを決める者(聖ペテロ)を騙し生き返った。
けれども、生き返ってもなお悪いことばかりをしており、次に死んだ時に聖ペテロに、「お前は天国へ行くことも地獄に行くことも許さない。」と言われ、暗い闇の中を彷徨い続けることになった。
その姿を哀れんだ悪魔が地獄の劫火から石炭を取り出し、その男にあげた。
男はその石炭を火種にし、萎びて転がっていたカブをくりぬき、それを入れたランタンを片手に持って彷徨っていた

これが、ジャック・オ・ランターンの由来のようです。かぼちゃをくり抜いて中にロウソクを立てる意味が分かりましたね。

★ハロウィンで人気の子供用ドレスはこちら
↓↓↓

 

まとめ

国や文化が違うとご先祖さまの霊を迎えるやり方も全然違うということですね。ケルト人のハロウィンと日本のお盆、どちらかというとやはり日本人には静かにご先祖様をお迎えする方が合っていると思いますけどね。今の若い人は友達などと集まって楽しく騒ぐ方が楽しいのでしょうね。

おすすめ記事
↓↓↓

ハロウィンのかぼちゃの種を育てて,自分だけのグッズを作ろう!

ハロウィンのグッズを手作り、無料のペーパークラフトサイトを紹介!

ハロウィンの衣装を手作りで簡単に海賊になる方法!メイク動画有り

ディズニーハロウィン2016の仮装期間は?ディズニーシーでも仮装OK

京都の紅葉で2016年のライトアップが綺麗な3つの場所!

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ