母の日のカーネーションの5つの色と花言葉の意味は?何色を選ぶ?

 母の日のカーネーションの5つの色と花言葉の意味について紹介しています。赤色、白色、黄色、青色、桃色のそれぞれ5つの色の花言葉の意味を説明しています。また、白色は、亡くなった人に贈る色で、黄色は、軽蔑や嫉妬の意味があるそうなので、母の日のプレゼントには相応しくないようです。これ以外のお母さんの好きな色の花を贈りましょう。

スポンサーリンク

  • カーネーションの赤色と花言葉の意味は?
  • カーネーションの白色と花言葉の意味は?
  • カーネーションの黄色と花言葉の意味は?
  • カーネーションの青色と花言葉の意味は?
  • カーネーションの桃色と花言葉の意味は?

カーネーションの赤色と花言葉の意味

aka

カーネーションの赤色というと、一番に母の日のイメージとして頭に浮かぶ色ですね。そして、カーネーションの赤色の花言葉は、「母の愛」、「母への愛」、「純粋な愛」と言ったストレートな愛の意味があるようですね。

なので、カーネーションの赤色は母の日にお母さんに愛情を伝えるのに合っている色ですね。

カーネーションの白色と花言葉の意味

siro

カーネーションの白色は、亡くなった母親を意味しているそうです。そういえばお葬式では白い菊がたくさん使われていますが、そういう意味があったのですね。

そして、カーネーションの白色の花言葉は、「私の愛情は生きている」、「尊敬」というように、亡くなったお母さんに対して、永遠に愛情は生きているといったお母さんへの愛情と尊敬の念の意味があるようですね。

スポンサーリンク

カーネーションの黄色と花言葉の意味

kiiro

カーネーションの黄色は、母の日にプレゼントするにはふさわしくない色だそうです。それは、カーネーションの黄色の花言葉の意味が、「軽蔑」、「嫉妬」というように相手に対して悪意があるからだそうです。

なのでこれは、母の日に限らずプレゼントやお祝いの席には絶対に贈らないようにしたい色ですね。

カーネーションの青色と花言葉の意味

ao

カーネーションの青色は、1995年にサントリーが品種改良によって人工的に作り出した色だそうです。なので自然界には青色のカーネーションは存在しないそうです。

そして、カーネーションの青色の花言葉の意味は、「永遠の幸福」だそうです。しかし、母の日にプレゼントするカーネーションの色としては、それほど人気がないそうですね。

カーネーションの桃色と花言葉の意味

pink

カーネーションの桃色は、赤色よりも柔らかい女性的な色で、優しいお母さんにぴったりなイメージですね。

そして花言葉の意味は、「感謝の心」、「あたたかい心」、「美しいしぐさ」といった、まるでお母さんそのものを表現しているかのような花言葉ですね。

まとめ

母の日にプレゼントするカーネーションの色の花言葉は、桃色が「感謝の心」、「あたたかい心」、「美しいしぐさ」というように、一番、お母さんに贈るにはピッタリのイメージですね。

しかし、白色や黄色は、お母さんが例え好きな色だとしても、母の日にはふさわしくない色なようなので、贈らないように気をつけたいですね。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ