五所川原 立佞武多 2018の日程は?立佞武多の現在の形は?

五所川原 立佞武多 2018の日程について紹介しています。

まず、五所川原 立佞武多 2018の日程を紹介し、次に、五所川原 立佞武多のは始まりについて紹介しています。

そして、五所川原 立佞武多の復活と現在の形を紹介しています。

五所川原 立佞武多は、夏の禊ぎ祓いとして使われれていた山車が巨大な組人形へと変化して行ったそうです。

スポンサーリンク

五所川原 立佞武多 2018の日程は?

日程:8月4日~8日

アクセス

会場:五所川原市街地

●電車

JR五能線五所川原駅、徒歩5分

●車

五所川原駅IC、15分

●周辺の有料駐車場の地図

五所川原 立佞武多のは始まりは?

五所川原 立佞武多は、「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つで、夏に禊ぎ祓いとして山車に灯籠を飾り付け行われていたものが、次第に組人形が作られるよう変化し、明治時代以降に巨大化したそうです。

青森ねぶた祭の2017年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

弘前ねぷたまつりの2017年の日程は?運行コースとスケジュールは?

しかし、その後は町に電線が張り巡らされてしまったため、巨大な立佞武多の作成が困難になってしまったそうです。

禊ぎ祓い(みそぎばらい)とは、罪や穢れを取り除くために行われる行事。

五所川原 立佞武多の復活

五所川原 立佞武多の復活は、1993年に当時の立佞武多の設計図が市内の民家から発見されたことにより、立佞武多を復活させようとするボランティア運動が始まり、その後の1996年に80年ぶりに立佞武多が復活したそうです。

それから2年後に五所川原市が支援する形で、毎年夏祭りとして行われるようになり、1年に1基の新作の立佞武多が現在も作られているそうです。

五所川原 立佞武多の現在の形は?

五所川原 立佞武多は平成に入ってからは、現代的な構造になっていて、明治時代に竹や木で作られていた骨組みとは異なり、鉄筋が使用され灯りもも灯籠ではなく、電気の照明で演出されているようです。

そして、2004年には「ドラゴンボール」の孫悟空、2006年には「桃太郎電鉄シリーズ」のキングボンビー、2007年には「機動戦士ガンダム」などの立佞武多が作られて、運行されたそうです。

スポンサーリンク

立佞武多周辺のおすすめランチ

  • たけ屋
  • 津軽ラーメン街道
  • 麺屋 幡 五所川原店

たけ屋

たけ屋は、人気の味噌ラーメンが味わえるラーメン店だそうです。

味噌ラーメンで人気になっているお店

住所:青森県五所川原市小曲沼田6-13

津軽ラーメン街道

津軽ラーメン街道は、大型ショッピングセンター内にあるフードテーマパークで、全国の有名ラーメン店のラーメンが味わえるそうです。

住所:青森県五所川原市唐笠柳字藤巻517-1エルム街ショッピングセンター2階

麺屋 幡 五所川原店

麺屋 幡 五所川原店は、人気の自家製麺と濃厚スープのラーメンが味わえる五所川原駅くにあるラーメン店だそうです。

住所:青森県五所川原市中央3-65

立佞武多周辺のおすすめホテル

  • ホテルサンルート五所川原
  • ホテルサンルートパティオ五所川原

ホテルサンルート五所川原

ホテルサンルート五所川原は、天然温泉施設が好評で、五所川原市の中心部にあることから、観光やビジネスにも最適なホテルだそうです。

料金:4,500円~17,000円(税込み)

住所:青森県五所川原市布屋町25

ホテルサンルートパティオ五所川原

ホテルサンルートパティオ五所川原は、ベーシックプランやカップルプランなど、様々なプランが用意されているそうです。

料金:2,900円~12,960円(税込み)

住所:青森県五所川原市字田町181

まとめ

五所川原 立佞武多 2018の日程は、毎年8月4日~8日の5日間に渡り行われるそうです。ちなみに、立倭武多が運行される時にかけられる掛け声は、五所川原では「ヤッテマレ」と言うそうですが、これは津軽弁の「やってしまえ」に近い意味があるそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ