酉の市の浅草の2017年の日程は?鷲神社周辺のおすすめランチとホテル

酉の市の浅草の2017年の日程を紹介しています。

まず、酉の市の浅草の歴史と特徴を紹介し、次に、酉の市の浅草の熊手御守と縁起物熊手を紹介しています。

最後に、鷲神社周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

酉の市の浅草は、江戸時代には酉の市の日に新吉原の遊郭が開放されていたため、最も賑わったとされているそうです。

スポンサーリンク

酉の市の浅草の2017年の日程は?

日程

  • 11月 6日(月)一の酉
  • 11月18日(土)二の酉
  • 11月30日(木)三の酉

時間:午前0時~午後24時
(※平成29年は、三の酉まで開催)

アクセス

会場:鷲神社

●電車

地下鉄日比谷線入谷駅、徒歩7分
Txつくばエクスプレス浅草駅、徒歩約8分

●周辺の有料駐車場の地図

酉の市の浅草の歴史は?

酉の市の浅草は鷲神社の「下酉」と呼ばれ、足立区の大鷲神社の「上酉」、千住の勝専寺の「中酉」とともに江戸時代から続く3つの酉の市として有名だったそうですが、明治時代に千住の勝専寺の酉の市が廃止されて以降は、浅草の鷲神社の近くには、新吉原の遊郭があり、酉の市の日には、その遊郭が開放されていたため、酉の市の中でも最も人出が多かったそうです。

酉の市の浅草の特徴は?

酉の市の浅草は、東京で行われる酉の市として、新宿区の花園神社の酉の市とともに有名で、商売繁盛、家内安全、諸願成就の祈願や熊手店約150店、露店約750店が立ち並び、毎年約80万人の参拝客が訪れ、日本最大の酉の市として大変な賑わいを見せるそうです。

酉の市の浅草の熊手御守とは?

酉の市の浅草の熊手御守は、「かっこめ」とも呼ばれる神様の「御分霊」で、開運と商売繁昌のご利益があり、酉の市の午前0時に授与され、1番初めに手に入れた人には「一番札」と鷲神社の金小判が授与される。

御分霊とは、神様と同じ働きがあるとされ、無限に分けることができる。

酉の市の浅草の縁起物熊手とは?

酉の市の浅草の縁起物熊手は、毎年の流行を取り入れた熊手が登場することで有名で、江戸時代までは、柄の長い実用的な熊手が主流だったそうですが、現在では様々な縁起物がつけられ種類も豊富で、その熊手を求めて全国からたくさん参拝客が訪れるそうです。

スポンサーリンク

鷲神社周辺のおすすめランチ

  • さいとう
  • 本とさや
  • 土手の伊勢屋

さいとう

さいとうは、鮮魚店直営の料理屋さんで、人気メニューの海鮮丼はリーズナブルとボリューム満点で納得の美味しさだそうです。

住所:東京都 台東区 下谷 2-9-7

本とさや

本とさやは、庶民派の約肉屋さんとして浅草で大人気で、七輪で焼かれたお肉は煙に燻されて、お肉の美味しさを更に引き立てるそうです。

住所:東京都 台東区 西浅草 3-1-9

土手の伊勢屋

土手の伊勢屋は、創業110年の老舗の天ぷら屋さんで、人気メニューの天丼は、大きな穴子、エビ、小柱のかき揚げが乗せられ、ボリューム満点だそうです。

住所:東京都 台東区 日本堤 1-9-2

鷲神社周辺のおすすめホテル

  • 東京ホステル
  • ホテル稲本
  • 観光ホテルニューアオキ

東京ホステル

東京ホステルは、都心へのアクセスも便利で、無料のキッチンが利用でき、都内観光やビジネスに最適なホテルだそうです。

料金:2,070円~27,000円(税込み)

住所:東京都台東区竜泉3-12-5

ホテル稲本

ホテル稲本は、リーズナブルな価格の割にお部屋も広く、ゆっくりとくつろげるホテルだそうです。

料金:4,000円~5,500円(税込み)

住所:東京都台東区千束4-24-13

観光ホテルニューアオキ

観光ホテルニューアオキは、浅草寺や吉原繁華街が近くにあり、浅草観光に最適なホテルだそうです。

料金:4,500円~5,800円(税込み)

住所:東京都台東区千束4-23-3

まとめ

酉の市の浅草の2017年の日程は、11月 6日(月)一の酉、11月18日(土)二の酉、11月30日(木)三の酉の3日間に行われるようですね。

また、酉の市が行われる浅草の鷲神社は、天日鷲命や日本武尊をお祀りしている古くからある由緒正しい神社だそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ