お彼岸の日程はいつなの?2016年のお彼岸の期間の見つけ方は?

お彼岸の日程はいつなのか、2016年のお彼岸の期間の見つけ方を紹介しています。まず、お彼岸は期間で覚えると簡単です。また、「春分の日」と「秋分の日」の意味についても説明し、お参りの日どりやお参りする時の注意点につていも紹介しています。お彼岸の期間中は混み合いますので、お墓参りは午前中にすませるようにしましょう。

スポンサーリンク

お彼岸は期間で覚える

お彼岸 いつ 2016 1

お彼岸の覚えるためにも、次のことを知っておくとよいでしょう。まず一年間の中で3月に「春分の日」と、9月に「秋分の日」を見つけられます。たとえば2016年の「秋分の日」は9月23日で、この日の前3日と後ろ3日、都合7日の期間をお彼岸と呼ぶのです。これは春分の日も同じしくみですので、抑えておくと便利な豆知識ですね。

つまり「お彼岸」と言った場合、一週間という期間を指す事になります。ちなみにその一週間の始まりの日を「彼岸入り」、一方の終わりの日を「彼岸明け」と呼びます。これは春秋とも共通の呼び方のようですね。

「春分の日」と「秋分の日」

上記のそれぞれの日は、ちょうど季節の変わり目であるとされています。「暑さ寒さも彼岸まで」とは、きちんと意味が通る言葉だったのですね。春と秋では役割が違っていて、春のお彼岸は「自然や生物にいのちに感謝する」という趣旨で、一方の秋のお彼岸では「先祖たちや故人の方々をしのぶ」といったものだそうです。

お参りの日どり

お彼岸 いつ 2016 2

それでは「お彼岸」の7日のうち、どの日を選んでお参りをするのが正しいのでしょうか。なんとなく後回しにするのは気が引けるから「彼岸入り」早々?それともちょうど中頃?はたまた「彼岸明け」?それらはすべて正解のようです。つまり、お参りのタイミングはいつでも良いとされています。

お参りに行く日よりも、お参りに行く気持ちが重んじられているようですね。できるだけ都合のよい日、それも家族が揃うように調整しておくと、尚よいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お参りする時に

秋のお彼岸は「先祖たちや故人の方々をしのぶ」という趣旨ですから、お墓参りということになりますね。お彼岸の機会のみならず、一般的にお墓参りは朝早くか、午前中にお参りをすると良いとされています。今日では午後のお参りも少なくありませんし、夕方までに済ませるのでしたら霊園への配慮の点からも問題ないと思われます。

お彼岸の時期にあたる一週間は、お寺などに多数のお参りの方が足を運ぶことになります。交通が混み合うことも考えられますので、ご家族揃っての外出の機会にはくれぐれもお気をつけください。

まとめ

一年に二度、訪れる「お彼岸」についてご理解が深まれば幸いに思います。普段、忙しい日常に追われて、なかなかご霊前に手を合わせる機会も少なくなりがちです。私も今度の秋のお彼岸の際は家族を伴って祖父母のお墓参りへ赴き、日ごろの感謝の念を伝えようと思っています。

おすすめ記事

紅葉を楽しめる埼玉の穴場は?7つの場所を紹介!

文化祭の出し物で人気の定番7つ!お化け屋敷の基本は?

運動会の靴選びでおすすめは?人気の3大ブランドの特徴は?

運動会の徒競走で速く走るための5つのコツとは?足が遅い理由は?

小学校の運動会の種目でユニークな親子で出来る5つの競技!定番は?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ