2017年の夏休みはいつからなの?会社のお盆休みの日程は最大で何日?

2017年夏休みいつからなのか説明しています。2017年の小・中・高の夏休みの日程を紹介し、2017年の会社のお盆休みの日程も紹介しています。

そして、大企業の工場のお盆休みは長いところもあり、最大で10連休のところもあります。これだけ長期間の連休があると、旅行や趣味を十分に楽しめますね。

スポンサーリンク

2017年の小・中・高の夏休みの日程

natuyasumi

2017年の小・中・高の夏休みの日程は

  • 北海道の札幌市で、7月25(火)~8月22(火)日までの29日間。
  • 東北の宮城県仙台市で、7月21(金)~8月24日(木)までの35日間。
  • 関東の東京都新宿区で、7月21(金)日~8月31日(木)までの42日間。
  • 関西の大阪府大阪市で、7月21日(金)~8月31日(木)までの42日間。
  • 中部の愛知県名古屋市で、7月21日(金)~8月31日(木)までの42日間。
  • 中国の広島県広島市で、7月21日(金)~8月31日(木)までの42日間。
  • 四国の徳島県徳島市で、7月21日(金)~8月31日(木)までの42日間。
  • 九州の福岡県福岡市で、7月21日(金)~8月28日(月)までの39日間。
  • 沖縄県那覇市で、7月21日(金)~8月25日(金)までの36日間。

となっています。やはり、北海道の小・中・高の夏休みが一番短い29日間となっていますね。その分、冬休みが長いので仕方がないですが、意外にも沖縄県那覇市の小・中・高の夏休みが36日間と全国平均より少ないようです。

しかし、北海道沖縄県も夏休みの旅行の人気ランキングでは、上位を占めているので、長期のお盆休みを取れる人は、ゆっくりと観光旅行を楽しめますね。

※学校の夏休みの日程は、各都道府県の市役所のホームページの情報から掲載しています。また、休日や祝日を挟む場合は、前倒しになる場合が多いそうです。そして、学校が公立、私立の場合や地域によっても多少の期間のズレがあります。

スポンサーリンク

2017年の会社のお盆休みの日程

2017年の会社のお盆休みの日程は、 8月11日~8月16日までの6日間 になっています。 これは、2017年から施行された、新しい休日の「山の日」が8月11日(金)なので、翌日の8月12日(土)も休日になり、お盆休みは8月11日~8月16日までの6連休になりますね。

大企業の工場などのお盆休みは長い

kouzyou

大企業の工場などのお盆休みは、長期間のお盆休みを取るところが多いそうです。その場合の最大の休日期間は 8月11日(金)~8月20日(日)までの何と!10連休!!になるそうです。これくらいの長期間の休日が取れると、旅行趣味などを思いっきり楽しめますね。

まとめ

2017の夏休みは、小・中・高校で、7月21~8月31日までの42日間が全国の平均のようですね。また、北海道の札幌市の小・中・高校の夏休みは一番短く、29日間で、意外にも、沖縄県の小・中・高校の夏休みも36日間で、全国平均よりも少ないですね。

しかし、夏休みの旅行の人気ランキングでは、沖縄県那覇市の首里城が1位で、北海道札幌市が2位になっています。どちらも魅力的な観光地なので、余裕があれば両方とも行ってみたいですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ