クリスマスの名曲ランキング洋楽トップ10!1位はWham!

クリスマスの名曲ランキングの洋楽トップ10を紹介しています。1位はWham!のLast Christmas、2位はThe Jackson 5のI Saw Mommy Kissing Santa Claus、3位はJohnny MarksのRudolph The Red-Nosed Reindeerです。

スポンサーリンク

クリスマスの名曲ランキング、洋楽トップ10

  1. Wham!☆Last Christmas

    80年代を代表する名曲といえばこの曲ですね。人気絶頂の1984年のクリスマスに合わせて発売されました。曲のタイトルの意味は「去年のクリスマス」でクリスマスの失恋をテーマにしているそうです。洋楽シングルチャートで通算30周1位を獲得。

  1. The Jackson 5☆I Saw Mommy Kissing Santa Claus

    Aメロを聴いた瞬間に、あぁ、この曲聴いたことあると思った人が多いのではないでしょうか。マイケルジャクソンの突き抜けるような高音が印象的ですね。日本語タイトルは「ママがサンタにキッスした」で、オリジナルは1952年に「ジミー・ボイド」が13歳のときに録音し、数多くのアーティストにカバーされている。

  1. Johnny Marks☆Rudolph The Red-Nosed Reindeer

    ジョニー・マークスはアメリカのシンガーソングライターで、1948年に発表された「赤鼻のトナカイ」が有名。原曲の歌詞には9頭の名前の付けられたトナカイが登場し、その主人公の赤鼻のトナカイの名前が「ルドルフ」。

スポンサーリンク

  1. Bing Crosby☆White Christmas

    ホワイトクリスマスは世界中に知らない人がいないくらい有名なクリスマスソングですね。「ビング・クロスビー」が歌ったバージョンは歴代で最もよく売れたシングル。

    ビング・クロスビーは1977年生まれでアメリカ初のマルチエンターテイナーの1人。

  1. Hayley Westenra☆AMAZING GRACE

     アメージンググレースはゴスペルの名曲ですね。この曲を聴くと心が洗われる気がします。歌詞の内容は、ある体験をして神の恵みに目覚めたこの曲を作詞した「ジョン・ニュートン」の心境が綴られているそうです。

    ジョン・ニュートンはイギリスの海軍兵士から奴隷商人を経て牧師になった人物で、賛美歌「アメージンググレース」の作詞者。

  1. Train☆Shake Up Christmas

    トレインはアメリカのサンフランシスコ出身の3人組のロックバンドで2002年にグラミー賞を受賞。2010年発売のシングル「シェイク・アップ・クリスマス」がコカ・コーラのクリスマスキャンペーンソングに起用され、世界90カ国以上の地域で放送された。

  1. Paul McCartney☆Wonderful Christmas time

    ポール・マッカートニーが1979年に発表した「ワンダフル・クリスマスタイム」はポールが1人で全楽器を担当し、ソロシングルとして発売。元ビートルズのメンバー、ジョン・レノンのクリスマスソング「ハッピー・クリスマス (戦争は終った)」(1971年)は反戦歌の要素を持つが、「ワンダフル・クリスマスタイム」はメッセージ性が薄くクリスマスを素直に楽しむ歌詞になっている。

  1. Stevie Wonder☆Someday at Christmas

    スティービー・ワンダーが1967年に17歳のときに録音した曲で、自作の曲ではない。歌詞の内容は反戦歌で、曲の正式な邦題「想い出のクリスマス」は誤訳で、「いつかクリスマスの日に」と訳した方が歌詞の内容と合っているそうです。

  1. Whitney Houston☆O Holy Night

    ホイットニー・ヒューストンはアメリカの歌手で、ビルボードチャートに女性で始めて初登場1位を記録する。また、世界で最も売れている歌手の1人で、累計セールスはアルバムが1億4千万枚以上、シングルは5千万枚以上。

  1. Band Aid☆Do They Know It’s Christmas

    バンド・エイドはイギリスとアイルランドの音楽業界のスーパースターが集まり結成されたチャリティープロジェクト。発起人の「ボブ・ゲルドフ」と「ミッジ・ユーロ」が作った「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」を発売して大成功を収めた。

    ボブ・ゲルドフ1951年生まれのアイルランドのミュージシャンで政治活動家。

    ミッジ・ユーロは1953年生まれのイギリスのスコットランド出身のミュージシャンで、ウルトラヴォックスのヴォーカリスト、ギタリストとして有名。

まとめ

どの曲も1度は聴いたことがある名曲ばかりですね。やはり洋楽のクリスマスソングは本家本元だけあって、たとえ歌詞の意味が分からなくてもクリスマスの雰囲気が伝わってくるのが良いですね。

そして、80年代にヒットした曲も多いですね。当事は日本も洋楽ブームで、ベストヒットUSAを毎週楽しみに見ていた記憶があります。

クリスマスの夜にじっくり名曲を聴くのもいいですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ